エリア周辺情報

さいたま市は、埼玉県の南部東寄りに位置する市であり、同県の県庁所在地です。日本に20市ある政令指定都市のうちの1つであり、政令指定都市で唯一、内陸県に位置しています。

日本で8つある内陸県の一つであり貿易港や臨海工業地帯を有さないものの、日本の都道府県中、人口は7,237,734人、県内総生産は20兆円強(2006年)で共に第5位、人口密度は1,890人/km²で東京都、大阪府、神奈川県に次ぐ第4位を誇っています。

さいたま市は、2001年(平成13年)5月1日に浦和市・大宮市・与野市の3市の新設合併により成立し、2005年(平成17年)4月1日には岩槻市を編入した。 2015年現在、約125万人の人口を有するさいたま市は、日本で9番目に人口が多い市となっている。

大宮駅

JRでは、新幹線・在来線ともに東北地方と信越地方を結ぶ路線の分岐点に位置しています。東武鉄道や埼玉新都市交通の路線を合わせると14の路線が乗り入れる埼玉県最大のターミナル駅となっています。

2012年度の1日平均乗車人員は約33万人と、埼玉県の中では第1位となっています。

当駅周辺にはJR東日本大宮総合車両センター・日本貨物鉄道(JR貨物)大宮車両所(旧・大宮工場)をはじめとして、日本国有鉄道(国鉄)時代から数多くの鉄道施設が立地し、駅周辺は「鉄道の町」として発展した。また、当駅周辺は商業集積地であり、大規模な百貨店やオフィスビルが建ち並んでいます。

大宮駅前は非常に多くの人で賑わっており、看板広告を目にする機会や経済効果は高いと考えられます。

浦和駅

J

大宮駅

J乗り入れている路線は、線路名称上は東北本線の1路線のみですが、当駅には電車線を走る京浜東北線電車および列車線を走る宇都宮線と高崎線の列車が停車します。宇都宮線と高崎線は上野駅発着系統のほかに、上野駅・東京駅経由で東海道線に直通する上野東京ライン系統があります。 湘南新宿ラインは2013年3月16日から停車するようになりました。

商業施設

  • 鉄道博物館
  • さいたまスーパーアリーナ

東口駅前には高島屋、ルミネ大宮1(駅ビル)などの大型店と数多くの小規模店舗が軒を連ねています。駅前左手には大宮銀座通りなどの商店街が多くあり、右手には飲食店や娯楽施設が集まる南銀座通り(南銀)、銀座通りの北端である大栄橋の北側には特殊浴場などの風俗店が多い北銀座通りがあります。

西口駅前はDOM、大宮スカイビル(そごう大宮店)、大宮アルシェ(NACK5サテライトスタジオなどが入居)、大宮ソニックシティ、シーノ大宮、大宮武蔵野銀行本店、大宮法科大学院大学などがあり、非常に多くの商業施設があります。

さいたまスーパーアリーナはスポーツイベント、コンサート、テレビ番組の収録、講演会、見本市会場などさまざまな用途に対応しており、最大37,000席を使用できる国内最大級の多目的ホールで、イベントが行われる日には多くの人が集まります。

このエリアの媒体をもっと探す

TEL:03-6277-1041 ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ



看板広告媒体をお持ちの方

※媒体主の方、代理店の方

看板広告エージェンシーに媒体主様ご登録いただけますと、優先的に広告主様にご提案させていただきます。ご登録いただいて、すぐに広告主様からお問い合わせいただく媒体も数多くあります。また、サイトへの情報掲載が難しい場合も、非掲載媒体として扱えますので、広告主様をお探しの場合は、是非ご登録ください。