エリア周辺情報

上野は、日本最初の公園である上野恩賜公園(上野公園)や、デパートや飲食店などが集まる繁華街をメインとしたエリアです。

広域地名としては浅草と共に上野・浅草副都心を形成する、上野駅を中心とする一帯の地域を指し、周辺には、浅草や東京スカイツリーなどがあります。

上野公園では年間を通してイベントが行われています。また、東京都美術館では多くの美術品が展示されており、休日足を運ぶお客さんも多いことでしょう

様々な観光施設が集まることから、1日を通して大勢の観光客が集まるこのエリアにおける看板媒体の効果は計り知れません。

上野駅

JR東日本の新幹線と在来線各線、および東京メトロの路線が乗り入れていて、日本を代表するターミナル駅として栄えてきました。
最近では上野東京ラインが開通したことでも話題に。
駅利用者数は一日平均乗降者数 約40万人(2013年)で、駅と直結した商業施設や、周辺には上野動物園や東京都美術館などがあることから、子供から大人まで、様々な年代の方が利用する駅の一つです。

商業施設

  • 上野アメヤ横丁
  • 上野恩賜公園

アトレ上野や上野マルイ、上野の森美術館、東京都美術館、国立西洋美術館、国立科学博物館などの施設や、上野恩賜公園、上野動物園などもあり、年間を通じて様々な年代の方が訪れる観光地となっています。

また、アメヤ横丁は1日で10万人もの人が訪れ、年末には毎年1日あたり50万人程の人出があり、日本各地から観光客も押し寄せます。街並みの規模は、およそ400メートル。現在は(2010年時)、400軒以上の店舗で構成されていてその活気は日本一の商店街にふさわしい賑わいを見せています。

このエリアの媒体をもっと探す

TEL:03-6277-1041 ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ



看板広告媒体をお持ちの方

※媒体主の方、代理店の方

看板広告エージェンシーに媒体主様ご登録いただけますと、優先的に広告主様にご提案させていただきます。ご登録いただいて、すぐに広告主様からお問い合わせいただく媒体も数多くあります。また、サイトへの情報掲載が難しい場合も、非掲載媒体として扱えますので、広告主様をお探しの場合は、是非ご登録ください。