エリア周辺情報

町名としての梅田は、JR大阪駅とその南側一帯のみを範囲とするが、梅田の名称はJR大阪駅の東側や北側の駅名・ビル名・店舗名などかなり広い地域で使われており、西日本最大の繁華街で、その規模は百貨店面積で日本一、総売上高は全国2位となっています。

この地域にはJR大阪駅のほか、阪急梅田駅および阪神梅田駅、市営地下鉄梅田駅・東梅田駅・西梅田駅、JR北新地駅が立地しており交通の要衝となっているほか、百貨店・ホテル・オフィスビルなどが林立しています。

また、梅田の地下街は北は茶屋町、南は堂島、東は堂山町、西はオオサカガーデンシティまで広がっています。構成する道路下の主な地下街はホワイティうめだ、ディアモール大阪、堂島地下センター。これに加えて、阪急三番街、阪急百貨店、阪神百貨店、JR大阪駅、大阪駅前ビル、大阪富国生命ビル、新阪急ビル、ハービスOSAKAなどのビルの地下階が地下街とほぼ一体化した巨大な繁華街を構成していて、より一層多くの人が集まるエリアになっています。

梅田駅

梅田駅は、大阪府大阪市北区にある、阪神電気鉄道・阪急電鉄・大阪市交通局(大阪市営地下鉄)の駅である。西日本旅客鉄道(JR西日本)の大阪駅や北新地駅、大阪市営地下鉄の東梅田駅・西梅田駅とともに梅田のターミナルを形成している。各鉄道事業者の梅田駅および大阪駅・北新地駅・東梅田駅・西梅田駅は、それぞれ離れた場所に別々の駅舎を持つ独立した駅であるが、地下街などを介して相互に乗換え可能になっています。

大阪駅・北新地駅・東梅田駅・西梅田駅も含めた最新年度の1日平均乗降人員は235万人、年間では約8億6千万人弱となる(2013年度)。これは新宿駅、渋谷駅、池袋駅についで世界4位。東京都及び山手線にない駅としては世界一となっています。

商業施設

梅田駅周辺は幾つかのエリアに分かれており、ALBi、ノースゲートビルディング、ヒルトンプラザWEST、HERBIS PLAZA ENT、新梅田シティ、EST、堂島クロスウォークなど、非常に多くの商業施設で賑わっています。

大阪北の玄関口「キタ」は、梅田を中心にファッションやアミューズメント、アートなど、最先端のトレンドを発信し続ける躍動的な街です。JR大阪駅に大阪ステーションシティがオープンしたのに続き、さらに関西の代表的な玄関口として"うめきた"エリアの開発が進められています。2013年にはターミナル駅併設として国内最大級の商業施設、知的創造拠点ナレッジキャピタル、高級ホテル、超高層マンションなどで構成されるグランフロント大阪がオープンしました。

百貨店のリニューアルもすすみ、世界に誇りうる魅力的なまちづくりへの期待が高まります。人並みが絶えることがないので看板広告も非常に大きな効力を果たします。

このエリアの媒体をもっと探す

TEL:03-6277-1041 ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ



看板広告媒体をお持ちの方

※媒体主の方、代理店の方

看板広告エージェンシーに媒体主様ご登録いただけますと、優先的に広告主様にご提案させていただきます。ご登録いただいて、すぐに広告主様からお問い合わせいただく媒体も数多くあります。また、サイトへの情報掲載が難しい場合も、非掲載媒体として扱えますので、広告主様をお探しの場合は、是非ご登録ください。