エリア周辺情報

東京都は、日本国の首都であり、世界有数の世界都市です。関東地方に位置する広域地方公共団体(都道府県)の一つ。

人口は13,482,040人と、これは日本の都道府県の中では人口が最も多く、日本の人口の10%以上が住んでいることとなります。

2010年(平成22年)時点で、東京都の昼間人口は およそ1561万人に登っています。それに対して夜間人口は1316万人。これは、東京都内の職場へと通勤する人々や、都内の学校へと通学する人々によって、昼間の人口が増えているということを示しています。

区部への昼間流入人口は、1980年に266万人だったのですが徐々に増え、1995年に372万人とピークを迎えました。昼間の流入人口が多いということは、それらの大勢の人々が区部で昼間に様々な活動(生産活動や消費活動)を行って活気を与えているという意味があります。

東京駅

東京の表玄関とも言えるべきターミナル駅です。プラットホームの数は日本一多く、在来線が地上5面10線と地下4面8線の合計9面18線、新幹線が地上5面10線、地下鉄は地下1面2線を有しています。面積は東京ドーム約3.6個分に相当します。赤レンガ造りの丸の内口駅舎は2003年に国の重要文化財に指定されています。「関東の駅百選」認定駅でもあり地方からも、外国からも多くの人が訪れます。

1日平均駅利用者数は新宿、池袋に続き3番目に多い東京駅。駅周辺はオフィス街となってるため日中多くのビジネスマンが集まります。近年は新たな商業ビルも続々完成し、ショッピングスポットとしても人気が出ています。

JR東京駅を中心とする地下鉄の各駅との距離が非常に近く、場合によっては徒歩で移動した方が早く到達する事もあります。

商業施設

  • 東京丸の内ビルディング
  • KITTE

大丸東京店や、丸の内ビルディング加えてその向かいの新丸の内ビルディング、旧東京中央郵便局局舎を可能な限り残して再開発し、開業されたKITTEや、丸の内ブリックスクエア、丸の内oazoなど多くの商業施設が立ち並びます。

TOKYO STATION CITY:東京駅構内には見どころが多数あります。駅開業時からの支柱、東海道、中央、東北線など新幹線を含む起点の0キロ標識、また、動輪の広場には実際に東海道線を走っていた蒸気機関車の動輪が飾られています。このように歴史を感じられるスポットに加えて、八重洲エリアでは未来を思わせるグラントウキョウノースタワー、グラントウキョウサウスタワー、グランルーフがあります。

駅周辺だけでもおおよその買い物に困ることはなく、又、行き交う数多くの人々の視線が看板媒体に向く事は多くあります。日本橋口エリアはサピアタワーをはじめ、ホテルメトロポリタン丸の内、ステーションコンファレンスなどビジネスの情報発信の場とした機能を持っています。

看板広告のメリットである「反復効果」を得やすい地域

会社や学校へ行くのに、同じ時間、同じルートを通るという人は多いはずです。毎日、毎日同じものを見ると……自然とその内容が印象に残る。それが看板広告の「視認性の高さ」であり、「反復効果」です。チラシやテレビなどによる広告はその時だけで終わってしまいますが、看板は一度設置すれば一定期間継続的に見る人たちにアピールできます。

このエリアの媒体をもっと探す

TEL:03-6277-1041 ご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ



看板広告媒体をお持ちの方

※媒体主の方、代理店の方

看板広告エージェンシーに媒体主様ご登録いただけますと、優先的に広告主様にご提案させていただきます。ご登録いただいて、すぐに広告主様からお問い合わせいただく媒体も数多くあります。また、サイトへの情報掲載が難しい場合も、非掲載媒体として扱えますので、広告主様をお探しの場合は、是非ご登録ください。